解らないことがあるからこそ記憶に残る。

ゲイの生き方
この記事は約2分で読めます。

こんにちは、かさいです。

今日は勉強会DAY1日目!

朝早く起きて、熱海までプチ遠征(笑)

今日はMOA美術館で

石川先生と芸術鑑賞とご飯とお抹茶体験でした(^^)

とっても良いお天気で、

熱海駅からMOA美術館まで歩いてみたのですが、

坂が多くて汗ばみました(笑)

美術館ってなかなか行く機会を作ってこなかったので、

どういう風に鑑賞したら良いのか分からなかったのですが、

石川先生から最初に仰られた言葉にとても救われました。

「解らないものは無理に解る必要は無いの。

分からないからこそ、それが記憶に残って、

それがいつか何かに繋がるのだから。」

確かに、今の学校教育って、解ることを目標にしているので、

解らないこと=悪いこと

という風潮がありますよね。

でも、分からないことがあるから、それが記憶に残っていく。

この解らない経験を積むって、整体を勉強していた時も沢山あって、

それが今の仕事で、全然関係のなさそうなところで繋がる、、なんて時もあります。

そして今でも解らないことだらけ(笑)

でも、きっと将来どこかで繋がるときが来るのでしょう。

なんだか、楽しみです(人´∀`)☆

先生のお言葉のおかげで、肩の荷が外れた感じで、色々と鑑賞してきました。

ちなみに、セミナー中は相変わらずのスパッといつの間にか斬られている石川節が炸裂しておりました(;・∀・)

でも、そこが好き(*´Д`)

一緒にお昼ご飯を食べて、

自然体の先生の意外な一面のお話を聞かせていただき、

より先生の魅力に惹かれちゃう、とてもステキな時間でした。

もう、惚れちゃいますよ(*´Д`)

先生、ありがとうございました。

あ、お抹茶は美味しくいただきましたε-(´∀`*)ホッ

それでは、今日はこのへんで。

お読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました