ポンコツだからこそ、チャンスがあるのだ。

ゲイの生き方
この記事は約2分で読めます。

こんにちは、かさいです。

基本的に相方さんは、なんでも出来る人です。

例えば、家具の組み立てや、

電気製品のコードの繋ぎ方、

iPhoneの使い方、車の運転etc

自分が苦戦して、

あーでもない、こーでもないとやっていることを、

隣で要領良く、スイスイとやってのけます(笑)

いつ見ていても凄いのですが、

時々、イラッとすることもあります(笑)

大体の場合、僕がポンコツさんです(笑)

でも、出来ない部分が腐るほどあるからといって、

ネガティブに捉えることもないなぁとも思います。

出来ないことがあるからこそ、

周りから助けてもらえたり、

そのおかげで様々な人に出会うことも出来るからです。

もちろん、出来ないことを

「自分には無理だから、、」

と最初から可能性を諦める姿勢はいただけませんが。

しかし、どうにかしようと向き合った結果、

周りから、助けてもらえたり、応援してもらえる。

これって、その人の人間性や

為人(ひととなり)によるものだとも思うんです。

日常生活の中には沢山の人間性を

高めていくヒントが転がっています。

例え、ポンコツだとしても、日常から多くの学びを得て、

周りの人の役に立っていくことが大切なのだと思います。

それでは、今日はこのへんで。

お読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました