「女子力さん」が通る

ゲイの生き方
この記事は約2分で読めます。

こんにちは、かさいです。

今学んでいるコミュニティで、

「女子力さん」と呼ばれるようになりました。

外見はヒゲ面のおじさんですけどね( ;´Д`)

中身は女性性が高いというギャップが、 

周りから好評をいただいたようです(笑)

おそらくね、世の中の男性諸君は、

「女子力さん」と呼ばれて基本的に良い思いは持たないと思うのです。

しかーし!

僕は、こういうノリが嫌いじゃないので、むしろ美味しいので、

ノリノリで「女子力さん」と呼ばれています(笑)

こういうあだ名もウェルカムな感じです(´∀`*)ウフフ

もちろん、いじめとか、ネガティブな関係性の中で、

こういうったことはいけないことだと思うのです。

大掃除中にビカクシダと戯れる女子力さん

でね、「女子力さん」と呼ばれている内に、

僕が小さい頃に、

「YAWARA!」の主人公である「猪熊柔」に憧れたことが

柔道を始めるきっかけだったなぁと思い出しました。

まぁ、同年代の柔道やっていた周りの人達は、

きっかけが「YAWARA!」の人なんて

ほとんどいませんでしたけどね(笑)

ヤワラちゃんの

「普通の女の子でもありたい」という気持ちの反面、

「もっと強く、たくましくありたい」という相反するココロ。

それをどのように折り合いをつけていくのかという

そのヤワラちゃんの姿を見て、おそらく無意識的に

僕自身の中での「男性性」と「女性性」を

どちらも大切にするために、いかに和していくのかを

無意識的に真似ていたのかもしれませんね。

その結果、31年生きてきて、気配り上手で、

周りを元気に出来る「女子力さん」な訳です(笑)

そして、それをネタに出来ちゃうくらいの

人としての器も育っているようです( ー`дー´)キリッ

それでは、今日はこのへんで。

お読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました